スマホ版
7月25日は○○○の日♪

♪今日は何の日〜?ふっふ〜♪♪♪

(懐かしのテーマソング。分かりますか〜?)

 

今日、7月25日は何の日かご存知ですか?

 

実は、「かき氷の日」です(*^_^*)

 

その由来はというと、、、

7(な)・2(ツー)・5(ご)

かき氷のかつての名前「なつごおり(夏氷)」の語呂合わせで、

日本かき氷協会が制定しました。

 

また、7月25日は、かつて1933年(昭和8年)に山形県で

当時の日本最高記録40.8℃を記録したことから、

かき氷にふさわしい日であるというのも理由だそう。

 

そして、もう一つ・・・

面白いことに、この日は「知覚過敏の日」でもあります。

歯磨剤「シュミテクト」でおなじみの、グラクソ・スミスクラインが制定。

この日が「かき氷の日」であり、知覚過敏だとかき氷などの冷たい物が

歯にしみることから制定されたそうです。Σ(^∇^;)

 

ちょっとここで、豆知識・・・♪

 

かき氷は、いつから食べられていたのでしょうか?

 

調べてみると平安時代からあったようです ∑(・o・;)

 

「かき氷」に関する最も古い記述は、平安時代の清少納言の随筆「枕草子」で、

「あてなるもの(上品なもの・良いもの)」の1つとして挙げられています。

 

「削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる」と出てきます。

現代語訳すると…    

「削った氷に甘葛(甘味料)をかけて、新しい金属製のお椀に入れる」という意味です。

 

非常に貴重で高級だった氷に、これまた貴重な蜜をかけて食べるかき氷は、上品なもの。

当時の貴族たちの中でも限られた人しか口にすることのできない食べ物だったそうです。

 

今は、こんなに身近な食べ物になって、幸せですね〜(*^_^*)

 

・・・ん?なんだか食べたくなってきました!?

 

ありますよ、天下一品にも! ↓(*^_^*)↓

 

 

近年流行りのフワフワかき氷ではなく、昔懐かしのガリガリかき氷!

 

食後にいかがですか?お持ち帰りもできますよ♪

 

夏の風物詩「かき氷」をみんなで食べて、

始まったばかりの夏を満喫しちゃいましょう!!

 

 

 

本部情報局

15:33 - -